債務整理 取引履歴



債務整理において、消費者金融など債権者との取引履歴。
大事に保管していますか。
これがものを言うんです。

実際に弁護士や司法書士に依頼する。
先生は、債権者に取引履歴を請求します。

でも債権者が本当の履歴を紹介すると思います。
債務者が書類を持っていないことをいいことに3年間だけとか。
間引きして提出することもあります。

そんな時にポイントになるのが過去の取引の記憶。
ここまでさかのぼって交渉できるのは専門に取り扱っている先生。


たけていない弁護士や司法書士の先生なら債権者である消費者金融の言うまま。
絶対損することは間違いない。


だから、債務整理専門でやっている弁護士事務所や司法書士事務所がいいです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。